◆CDセミナーの企画背景






◆機会を“育てる”営業が必要な理由

高齢化が進み、国民の資産が増した今日の日本では、
   ◆生命保険のニーズに自ら気付く(気付いている)顧客
が減少の一途をたどるのは、もはや止められないのが実情です。
つまり、これからの保険営業者には、ますます、
   ◆顧客の保険ニーズを新たに創造するスキル
が求められるのです。

この、 保険営業に求められる、古くて新しい“最大の課題”への取り組み方法を【機会を“育てる”営業】 と呼び、その“現代的”な方法論をCD講座にいたしました。


◆機会を“育てる”営業にどう取り組むか?

【機会を“育てる”営業】をたとえて言うなら、土壌改良のようなものかも知れません。それは、一気に成果を狙うのではなく、
   日常的な習慣を変える(活動を仕組み化する)ことによって、
   長い期間連続して“収穫”ができる状況創出を狙う
からです。 そのため、腰を据えると同時に、効果が出やすい分野から取り組むなど、無理のない活動設計が重要になります。


◆機会を“育てる”営業が狙う市場

CD講座で詳しくご説明していますが、高度情報化社会の中で、
   二極分化する顧客の“良質”層を身近な市場とするため
には、私どもが提唱する【機会を“育てる”営業】発想の実践が効果的だと考えます。
 その実践視点について本講座では、
   ◆顧客の《保険の話を聞く》姿勢を引き出す方法
   ◆顧客の《保険を検討する》姿勢を促進する方法  
   ◆顧客の《契約を決断する》姿勢を創り出す方法  
という《顧客の3つの姿勢》形成からとりまとめています。


◆実践ツール3点をセットしました!

更に、《良質市場》で提案力・クロージング力を強化するためには、“文書の活用”が不可欠となります。その観点から、今回のCD講座では、音声セミナーの他に、
   ◆法人向け生命保険提案書ひな型
   ◆アポ確認文書ひな型
   ◆面談後確認文書ひな型
など、3点の実践ツール“ひな型”もセットいたしました。

本CD講座でご提供する《新しい営業発想》と《実践ツールひな型》の有効活用で、特に生命保険の《良質市場》をとらえるための、コンサル提案力・クロージング力強化にお役立ていただければ幸いです。



 ☆☆☆ 次のような方々にお勧めします! ☆☆☆
コンサルティング提案力を
強化したい!
生命保険の提案・クロージングスキルを高めたい!
コンサルティングとは何か、提案とは何か。経営コンサルティング経験豊富な講師が、その“本姿”を実践的視点から浮き彫りにします。

営業の仕組み構築を
じっくり検討したい!

営業の仕組みを総合的に見直すヒントが欲しい!
マーケティング(市場開拓)から契約までの営業の一連の流れの中で、自分(自社)の強みと弱みはどこにあるのか。その分析法から、改善視点までを分かりやすく体系的にテキストとセミナーで解説いたします。
良質顧客層の
特性が知りたい!
良質顧客層の特質や意識を学びたい!
良質顧客層の意識を知り、どのように営業されるのを望むのかを知ることで、あなた自身の営業に対する意識が変わるかも知れません。今までの発想、今までの成功体験に縛られずに、“顧客の意識変化”を深く考える機会を持たれることをお勧めします。
部下や従業員への指導 部下への指導力を強化してチームでもっと成果をあげたい!
部下や従業員の個別能力をアップさせる視点と、チームとして成果を出す視点、この2つの視点から、今“営業組織のリーダーがなすべきこと”を明示いたします。



 ☆☆☆ CDセミナーの内容 ☆☆☆
CD (CD−1)
第 1章:保険の“良質”市場はもうなくなってしまったのだろうか?
第 2章:“営業感覚”を見直せば見落としている“良質市場”が見える
第 3章:良質市場を捉える前に“社会感覚”の基本的変化を見ておこう
第 4章:では現在の保険の“良質顧客層”の特徴はどこにあるのか?
第 5章:機会を育てる営業が必要になった“理由@”
第 6章:機会を育てる営業が必要になった“理由AB”
第 7章:提案とは何か?原点に戻って考えよう
第 8章:営業機会を育てるための“3つの姿勢”形成
 
(CD−2)
第 9章:保険の話の前に顧客の“聞く”姿勢を作る
第10章:聞く姿勢を作る形式的条件
第11章:定期情報発信から事例話法へ
第12章:事例話法の実際を概観してみよう
第13章:事例の3つの効用を確認しよう!

第14章:事例話法を活かす環境の作り方
第15章:もはや保険コンサルティング?
第16章:事例話法を効果的に行う準備
第17章:営業事例を顧客事例に変換/法人編
第18章:営業事例を顧客事例に変換/個人編@
第19章:営業事例を顧客事例に変換/個人編A
第20章:顧客事例を作成するポイント
第21章:顧客の“聞く”姿勢形成のまとめ

(CD−3)
第22章:顧客が保険を“検討”する姿勢を形成する
第23章:イエス・ノーより考えやすいAかBかの選択?
第24章:優れた戦略スタッフは“結論”を急がない
第25章:選択肢を組み込んだ事例話法に取り組んでみる
第26章:原則自体が変わったのではなく…
第27章:顧客の選択肢〜3つのスタイル
第28章:意外に身近なコンサル営業の真髄
第29章:契約クロージング・パワーの飛躍的な向上
第30章:役に立つ提案書の本姿とその応用
第31章:案外“提案”ができていないのではないか?
第32章:提案書に限らず文書による営業活動の効用

(CD−4)
第33章:営業の“仕組み”の流れの総合形成
第34章:効率的な仕組み強化のための“弱点”発見法
第35章:悠長に“弱点強化”を進めていてよいのか?
第36章:“自己分析”の次に必要になる“顧客分析”
第37章:“戦略的”発想から5つのステップを見直すと…
第38章:契約に至る“5つのステップ”活用法のまとめ
第39章:管理者やリーダーとしての営業強化基本視点
第40章:リーダーから医者的存在へ変わるべき現場管理
第41章:圧倒的なリーダーシップ形成のために…
第42章:全体のまとめと今後の取り組み

(合計収録時間:約3時間10分)


☆☆☆ このCDセミナーの商品仕様 ☆☆☆
セミナータイトル 【営業機会を成果に育てる“仕組み”:第1講】
  保険の“良質”市場を“身近”にする
  顧客の“契約姿勢”三段階形成法
講師 株式会社エフ・ビー・サイブ研究所 代表取締役 森 克宣
録音時間

約3時間10分(4枚のCDに収納)

商品構成

※本CD講座商品は下記【1】〜【5】の全てが含まれます。

【1】CD音声セミナー(ブック型ケース2巻/CD4枚)

 音声セミナーは、CD4枚に収録されています。
 録音時間合計;:約3時間10分
 ※音声はパソコンでも一般のCDプレイヤーでも再生可。
【2】添付テキスト・資料集
 
@セミナー・テキスト(印刷製本/A4・6ページ)
 Aセミナー・資料編(印刷製本/A4・13ページ)
 Bセミナーレジメ(印刷・PDF両方/A4・12ページ) 
【3】添付ツール@:提案書ひな型データ(MicrosoftWordデータ)
  ◆法人向け提案書ひな型(A4・5ページ)
   タイトル:法人契約と個人契約の2つの種類の生命保険ご提案
   ※雛型文書データ(Word2000で作成)でご提供いたします。 
【4】添付ツールA:アポ確認文書ひな型データ(MicrosoftWordデータ)
  
◆面談の質を高めるための【アポ確認文書雛型】(A4・1枚)
  ◆活用ポイント解説文書付き
   ※雛型文書データ(Word2000で作成)でご提供いたします。
【5】添付ツールB:面談後確認文書ひな型データ(MicrosoftWordデータ)
  ◆面談成果をあげるための【面談後確認文書雛型】(A4・1枚)
  ◆活用ポイント解説文書付き
   ※雛型文書データ(Word2000で作成)でご提供いたします。
著作権のお取り扱い 文書データは、保険営業のエンドユーザーへの活用であれば、自由に加筆修正を行ってご活用頂くことを承諾いたします。ただし、ご同業者や第三者の閲覧に供したり、事前の了解なく、他の著作物に引用したりすることは、著作権法で禁じられています。
著者は(株)エフ・ビー・サイブ研究所の森克宣です。

☆☆☆ 講師紹介 ☆☆☆
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
代表取締役 森 克宣
1979年京都大学法学部卒業。大手メーカーの管理部門、大手コンサルティング会社のノウハウ研究所責任者を経て、2000年(株)株式会社エフ・ビー・サイブ研究所を設立。現在、保険代理店、保険コンサルタント、士業事務所を中心とする《気付きリードマーケティングの会》を主宰。新しい時代をリードするビジネス・スタイルを提唱している。
【保険いいヒントサイト】監修。
2010年2月に最新刊『経営者との《良質接点》形成秘伝』発行。新日本保険新聞(生保版)では、1997年よりコンサルティング営業や提案・クロージング等の企画記事を連載中。

☆☆☆ 価格及びお支払方法 ☆☆☆
商品価格  定価:49,300円
お支払方法  代金引換 (代引手数料は弊社負担)   

申込みボタン
     
 
ご提供:新日本保険新聞社 企画制作:株式会社さいぶ編集総研